海外旅行での英会話(初級編) ~意思表現の仕方~ - Japan News -海外に広がる日本の魅力-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行での英会話(初級編) ~意思表現の仕方~

Mickey です。

 

今回は、記念すべく第1回目の「Mickey英会話プチ講座」を開催したいと思います音譜

 

初めての海外旅行、わくわく気持ちが高まりますね!

やりたいことは絞れないほどたくさんあるけど、英語へ対して不安や緊張を抱いている方も多いのではないでしょうか?ショック

 

「ちゃんと意思を伝えることができるのか心配。」

「英語を聞き取れる自信がない。」

「何かトラブルにあったらどうしよう。」

 

知らない土地・知らない言葉の環境において、そんな不安な気持ちになるのはあたりまえ。

しかし、せっかくの海外旅行、英語への恐怖や不安を忘れて思い切り楽しみたいものですね。

 

 

ということで。

 

今回は第1回目なので初級編からスタート!

海外旅行で困った時にも役立つ便利なフレーズをご紹介いたしますひらめき電球

 

f3ffc38c.jpg

 

「I want to --」

「I would like/love to --」

 

 

これらの表現は 「-- がしたい ・ したいです」 と解釈され、自分の意思を伝えるための簡単なステップとなる表現方法です。

 

質問をするというよりは少し主張的な表現となりますが、自分の願望を主張すると相手がそれに見合った情報を提供してくれることが多いんですよ!

ですので、自分の意思を伝える他にも、何かを訪ねたい時何かの情報を得たい時にも積極的に活用することができますグッド!

 

例えば、

 

「訪ねたい時」

 

「I would like to know how to go to the station.」

「I wanna (want to) know the way to go to the station.」

( 私は、駅への行き方が知りたいです。)

 

道に迷った時や地図を上手に読み見とれなかった時など、これらのフレーズは役立ちます。

「station」 の部分を、自分の行きたい場所や宿泊先、観光施設やアドレスなどに入れ替えて使用しましょう東京タワー ホテル 観覧車

 

 

「情報を得たい時」

 

「I would like to get more information about that.」

( 私はそれについて、さらに情報を得たいです。)

 

「I would like to ask you if I am allowed to get into there.」

( 私は、あの中へ入っていくことが許されているのかどうか、あなたにお聞きしたいです。)

 

このように、何について知りたいのかを明確に相手に伝えることで、自分の知りたいことについての情報を相手から引き出すことができます。

 

 

「提案してほしい時」

 

「I wnat to eat something spicy/sweet/light.」

(私は何か辛い/甘い/軽いものを食べたいです)

 

「I want to try the most poplar menu here. 」

( 私はここで一番人気のメニューに挑戦したいです。)

 

レストランでメニューがわかりずらかったり、何にしようか迷った場合は、どのようなものを欲しているのか伝えましょう。店員さんがアドバイスをくれますよウインク

 

 

ちなみに、「would like to」 「want to」 の違いについて、簡単に説明させていただきますと。

前者の 「would like to」より丁寧な、または、より強い気持ちを表す表現となり、後者の「want to」よりカジュアルな表現となります。

ですので、他人に物を訪ねる時や公共の場では、なるべく 「would like to」 を使用し丁寧さを心がけると良いでしょう。

カジュアルなレストランで料理やドリンクについてのリクエストをする時は、 「want to」 の方がより自然な感じがします。

 

 

その他にも、「would like to」 よりもさらに強い意思表現となる 「would love to」 というフレーズもあります。

こちら簡単に言うと、最上級の 「したい」 の表しという感じでしょうか目

 

もし、滞在中にイベントやパーティーへの誘いを受けたり、仲良くなった人からまた会おうと言われた時、自分の興味のある物事へのオファーを受けた時などに、

 

「I would love to (do that) !」

 

と簡単に返すだけで、「喜んで!」 と強い気持ちを込めた返答をすることができます。

 

こちらも場面によって上手く使い分けてみると良いでしょうひらめき電球

 

 

 

この3つのフレーズ。

 

「want to」

「would like to」

「would love to」

 

海外旅行の際にぜひ活用してみてくださいね

 

出発前の予習・復習は、旅行での英語への心の準備ができるのでお勧めですよ星

 

 

今回は少し簡単だったかな?と思いますが、

知っていた方も知らなかった方も、楽しんでいただけたなら嬉しいです!

それでは、次回の「Mickey英会話プチ講座」をお楽しみに~キスマーク

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mickey

Author:Mickey
こんにちは、 Mickey です!
海外を拠点に生活する、23歳の子育てママです。
世界から見た「JAPAN」の姿と効果的な英会話学習法がブログのテーマ。
また、海外旅行・海外留学のお役立ち情報をお届けすると同時に、外国人が抱える"WHY JAPANESE"への追求も行っています。

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。