これが日本の文化なの?日本の異常な光景に、次々と上がる驚きと感心の声 - Japan News -海外に広がる日本の魅力-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが日本の文化なの?日本の異常な光景に、次々と上がる驚きと感心の声

Mickeyです。

 

私、日本では田舎育ちだったため、通勤や通学は車が定番だったのですが、カナダへ来てから毎日のように「公共バス」「地下鉄」「ストリートカー」を使用するように電車

割と方向音痴な方なので、最初は乗り過ごしたり乗り間違えたりしてばかりあせる

 

しかし、暮らしていると慣れるものですね!

今ではもう怖いものなしですにやり

 

まぁ、トロントの地下鉄は、「イエローライン」「グリーンライン」の2ラインのみなので簡単だというのもありますが。

ストリートも京都の碁盤の目のように伸びているので、バスのルートもとてもわかりやすいのですひらめき電球

 

たまにストリートカーの走行がスローだったり、冬場(特に雪が降っている日や雨風の日)の遅延が大幅なのが困りどころですが…宇宙人くん

 

それでも。

ステーション内はとてもきれいで、バリアフリーも整っており、温度管理もしっかりとなされているのでとても快適!

さらに最近では 、Free WiFi の設置されている駅の規模が広がったので、観光や留学時にもとても便利です音譜

 

 

 

そんな人々の生活に定着している「公共機関」新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

海外メディアにおいて、度々「日本の地下鉄事情」が話題を集めているのはご存知でしたか?

 

 

 

ランニング ぎゅうぎゅうすぎる「通勤ラッシュ」ランニング

 

72e193d7.jpg

http://youinjapan.net/moving/tokyo_metro_guide.php

 

Bussiness Insider UK 「Crowded Japanese train」

動画再生はコチラ

by Bussiness Insider 

 

 

日本の通勤ラッシュ時の電車といったら、窒息しそうと思ってしまうほどぎゅうぎゅう詰めですよねショック

身動きもできないほど押し込まれた風景を見ていると、見ているだけで息苦しくなってしまいます…あせる

 

駅員さんが意図的に詰め込んでいるわけではなく、

乗員が溢れているにも関わらず、まだ乗車しようと試みる人がいるものだから驚きですよねっ

 

そんな日本の「過酷すぎる通勤ラッシュ」は、多くの海外メディアにおて取り上げられ、世界中で大きな反響を呼んでいます地球

 

 

海外の方からは、

 

 

「日本人は数分の間も待てないのか?電車は10分に1本は来るんだろう?」

 

「これはまるでブッフェを食べているみたいだ。”さらに食べる”ためには、いつも”もう少しのスペース”があるからね」

 

「これはまるで”通勤ラッシュ”ではなく”終電ラッシュ”だ。最終電車を逃すと、駅かカラオケルームで一晩を過ごすか、超高いタクシーに乗らなきゃいけないからね…なんて人生だ。」

 

「ニューヨークで同じようなことが起きたとして、人を押したりなんかしたら喧嘩が始まるよ」

 

 

などと、様々な声が上がっています。

上から2番目のコメントが個人的にお気に入りです目

 

 

 

 

ランニング しかし、マナーが良い ランニング

 

 

そんな人の混雑が凄まじい通勤ラッシュ時において、「日本人のマナーの良さ」も海外から多くの関心が寄せられています。

 

混雑しているにも関わらず、電車を待っている時はしっかりと列に並び乗り込む時はその列を保っていること。

また、多少のざわつきや足音などはあるが静かなことも、海外の方にとっては驚きのようですビックリマーク

 

これに対しては、

 

 

「日本人の礼儀正しさの現れだ」

 

「自分の国はもっと騒がしい」

 

「スピーカーをマックスにしてみたけど、静かだったよ。日本人を尊敬するね」

 

 

との声が集まっています。

 

 

 

 

ランニング 「居眠り」できる公共環境 ランニング

 

 

 

fbd85c4e.jpg

http://www.all-nationz.com/archives/1063197079.html

 

地下鉄などの公共機関においての「居眠り」は、海外の方にとって信じられないこと!

私も、バスや地下鉄でうっかり居眠りしている日本人留学生の方をちらほら見かけたことがありますzzz

 

それを一緒に見ていた友人は、

 

「ありえない!何か取ってくださいと言っているようなものだ!」

 

と驚きを隠せない様子でした。

 

 

海外で公共機関や公共の場で居眠りなんてしようものなら、荷物の保証なんてありません。

実際、日本に短期滞在したことのある外国人の友人が、

 

「日本に滞在していた時、酔いつぶれたサラリーマンが外のベンチで爆睡していたことには驚いたよ!しかも、カバンもそのまま横に置かれていたままだったしね!」

 

「海外だとカバンなんてさよならだし、まず、外で寝れるような環境じゃないよ!日本はすごく安全な国だね!」

 

と言っていました。

 

確かに、そう言われると見知らぬ人がわんさかいる環境で寝るなんてなかなかの度胸ですね恐竜くん

日本でもですが、特に海外へ出た時は、日本の感覚のままにならないように用心しましょうビックリマーク

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Mickey

Author:Mickey
こんにちは、 Mickey です!
海外を拠点に生活する、23歳の子育てママです。
世界から見た「JAPAN」の姿と効果的な英会話学習法がブログのテーマ。
また、海外旅行・海外留学のお役立ち情報をお届けすると同時に、外国人が抱える"WHY JAPANESE"への追求も行っています。

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。