海外旅行・留学情報 - Japan News -海外に広がる日本の魅力-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 海外旅行・留学情報 ≫ 留学するならカナダに行こう!「安心」と「低価格」がコンセプト

Mickey です。




皆さんは、もしも海外留学をするとしたらどの国へ行きたいですか?


人気のある留学先といえば、

「カナダ」 「オーストラリア」 「イギリス」

上記3ヵ国が王道でしょうか。


その理由としては、
働きながら学校に通え、働きながら観光を楽しめることが魅力である【ワーキングホリデービザ】の存在。

世界中の多くの国が留学生を受け入れていますが、それぞれの国での就職・資金問題を抱える中で、「他国からの訪問者が賃金を稼ぐ」という環境を整えている国は少ないでしょう。

就労ビザを取得しているならば話は別ですが、その就労ビザを取得するのにも一苦労。

そんな中、ビザの取得が困難でないにも関わらず、海外で働くという貴重な経験を得ることができるワーキングホリデービザはとても魅力的ですよね。
また、申請条件もハードルが低く設定されているため、高い確率でビザを取得できます。




今回は、そんな人気の留学先国の中から、
私が生活している「カナダ」についてのビザ情報と留学のお役立ち情報をお届けしようと思います!



まずは、取得できるビザの種類をご紹介。




カナダのビザの種類




shutterstock_367272281.jpg
https://www.englishpedia.jp/canada-study-abroad-scholarship




観光ビザ(ツーリスト)


カナダでは、旅行者として入国した場合には最大6ヵ月の滞在許可を取得することができます。
通学することは可能ですが、働くことはできません。
できるだけ長く滞在したいという方は、初めは旅行者として入国し、滞在中にワーキングホリデービザや学生ビザに切り替えるということも可能です。

また、観光ビザまたは他種のビザでの滞在後、最大6ヶ月間の滞在延長を申請することができます。
申請が受諾されるまでの期間についてはタイミングや内容により異ってくるので、所持しているビザの期限が切れる1ヵ月前には申請手続きを始めておくと安心です。

観光ビザを取得するための条件は特にありません。


ちなみに、私が観光ビザの延長申請を行った時は、申請から約3~4週間ほどで申請が受諾され、延長期間は6ヵ月でした。
私の友人が同じく延長申請をした際は、申請受諾までは約3~4週間延長期限は12ヵ月(1年)でした。
正確な理由はわかりませんが、まれにこのようなケースもあるようです。
しかし、通常は6ヵ月と考えておくと良いでしょう。




学生ビザ(スチューデント)


学生ビザは、名前の通り就学を目的とした滞在許可証です。
申請には、事前に通学する学校からの通学許可証など現地での就学を証明できるものが必要です。

滞在期間は、基本的には通学期間と同じ期間で設定されますが、申請状況や内容によって多少異なります。
例えば、3ヵ月間の通学許可証を提示した場合、3ヵ月間で受諾されることもあれば、6ヵ月間で受諾される場合もあります。

仕事に関しては原則不可
学校によっては、申請するとアルバイトとして働くことが可能です。

観光ビザやワーキングホリデービザからの切り替え、またはその逆も可能です。
まずは勉強に集中したいという方であれば、学生ビザからのワーキングホリデービザへの切り替えをお勧めします。


私が学生ビザの申請をした際には、3ヵ月間の通学許可証を提示したところ6ヶ月間の滞在許可が下りました。
ちなみに、タイミングが良かったのか、申請から受諾までの期間は1週間以内という驚きのスピード!
しかし、受託されるまでの期間としては、基本的に約2週間~4週間と考えておくとよいかと思います。
また、申請状況によっては1ヵ月以上(約4~12週間)、対応が混みあっていると約3ヵ月ほど時間を要する場合もあるそうえです。
遅くても、出国予定日の3ヵ月前にはビザ申請の手続きを行いましょう。



ワーキングホリデービザ


ワーキングホリデービザの魅力は、 「学習」 「観光」 「就労」 のすべてを体験できるということ。

申請条件はいくつか規定されていますが、特に難しい内容のものはありません。
しかし、ワーキングホリデービザでは、年齢18歳~30歳の方を対象と規定されているため、この条件を満たしていない場合は必然的にビザの対象外となってしまいます。

また、ワーキングホリデービザの募集は定員制となっています。
募集開始後すぐに定員が埋まってしまうということは通常ありませんが、そうでないと言える保証があるわけでもありません。
募集開始のタイミングをこまめにチェックして、開始後なるべく早くに手続きしておくことをお勧めします。


ワーキングホリデーの募集開始・定員状況の確認は下記のサイトを参考に。


マイルストーンカナダ留学センター



滞在期間は1年で、他種ビザへの切り替えも可能です。

また、ワーキングホリデービザでは、就業できる仕事のジャンルが広がり、頑張り次第では就労ビザを取得するチャンスがありますし、カレッジや大学に向けて資金を貯めることも可能です。

ゆくゆくのカレッジ・大学への進学を考えている方やカナダに来てからすぐに働きたい方、勉強と仕事を両立したいという方は、ワーキングホリデービザからの学生ビザ・観光ビザへ切り替えをお勧めします。




就労ビザ(ワークビザ)


就労ビザは、カナダで働くことを目的とした滞在許可証です。
ワーキングホリデービザや学生ビザとは異なり、個人で申請して取得できるというものではありません。

現地での就労を通して取得することも可能ですが、ローカルな職場でとなるとなかなかハードルは高いでしょう。
たまに日本食レストランの求人で、「就労ビザを取得したい方大歓迎」という言葉も見かけますが、日本食レストランはローカルな職場に比べるとハードな労働環境であることと、英語環境に欠けていることが多いです。

労働ビザの取得は、日本国内または現地に位置する日本企業の職場内での移動や派遣、いわゆる駐在員といった形が一般的かと思います。
また、永住権の受諾を待機中の方も労働ビザを申請することができます。




永住ビザ


永住ビザの取得方法には様々な方法があります。
カナダ国籍のパートナーとの結婚または同棲、家族の誰かがカナダへの移住者であったりカナダ国籍を所持していると永住権を取得する権利があります。
また、合法的(大学・カレッジへの通学など)にカナダに一定年数滞在しても永住権を申請することができます。
その他に、投資家や実業家に向けたプログラムマニトバ州での就労経験が条件とされたプログラムなども用意されています。
カナダへの移住を考えている方は、それぞれのプログラム内容を一度詳しく調べてみると良いでしょう。






このように、「カナダへ留学する」と一言でいってもビザの種類は様々。
自分のニーズやプランと照らし合わせて、どのビザが自分に一番適しているのかを見比べてみましょう。

具体的なプランは決して必要ありません。
しっかりとした理由や目標だって、初めは持っていなくてもいいのです。

ただ、海外での滞在を有益なものにするか無益なものにしてしまうかは、結局は自分次第なのです。
それぞれのビザの特徴や内容をしっかりと把握しておくことは、将来、自分の可能性や夢を大きく広げる重要な鍵となりますよ。








カナダのビザの種類を知ったところで…

次に必要となるアクションは、留学のための下準備と下調べ。

知らない国のことをやみくもに調べても、正確で安心できる答えは見つかりませんよね。
それならば、その国について詳しい人に相談しましょう。

そこで頼りになるのが現地の留学エージェント


カナダにも、数々の留学エージェントが存在しますが、評判の良し悪しが気になるところ。
実際、「相談や紹介だけでお金を取られた」 「毎回のアクションごとに手数料が発生し、その手数料も決して安くはない」といったこともちらほらと耳にします。

「留学前の出費はできるだけ避けたいけれど、留学後にはしっかりと充実したサポートを受けたい」


そんな留学生の理想を叶え充実したサポートを提供する、カナダで特におすすめの留学エージェントをご紹介致します!





カナダでおすすめの留学エージェント




カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】







カナダジャーナルは1981年日本人により設立され、毎年1,000名以上の留学生のサポートを行っているカナダの老舗留学エージェント。
オフィスはカナダ/バンクーバーに位置していますが、です。
日本の大手留学エージェントと同程度のサポートやサービスが無料で受けられ、低価格でありながらも充実したサポートを受けられると多くの留学生から人気を集めています。




なぜカナダジャーナル?




●相談・学校の手続き・現地サポートが無料



気軽な相談から学校選びやホームステイ先への相談などの留学前の下準備から留学後の現地サポートまで、安心で充実したサービスを無料で提供し留学生の現地生活を全面サポート!

また、学校選びでは、カナダにあるほとんどの語学学校の中から留学生のニーズに合った学校を紹介してくれるので、時間をロスすることなく学校を検討することができます。
もちろん、学校への手続き代行も無料でサポートしてくれるので安心・安全です。

まだ具体的な内容や行きたい学校のイメージが決まっていないという方でも、気になることや疑問に思うことは積極的に相談してみましょう。



学校選びをスムーズに行うためのアドバイスとしては、



①カリキュラムの選択

スピーキング・リスニング・ライティング・TOEIC・TOEFL・ビジネスなど、学校が力を入れて提供するカリキュラムの内容や特徴は異なります。
自分がどのジャンルにおいてスキルアップを図りたいのか、求めるのは何なのかをしっかりと把握しておくと良いでしょう。



②タイムスケジュール

一日授業もあれば半日授業を行う学校もああり、昼間制もあれば夜間制もあります。
また、一日と半日、昼間と夜間では、カリキュラムの内容や料金なども異なってくるので、自分の生活リズムに適したタイムスケジュールを考えてみましょう。
例えば、仕事と勉強を両立したいという方は、昼間または夜間の半日授業を選択するということも一つの手段ですね。



③資金の設定

同じカリキュラム内容であっても、それぞれの学校によりコストパフォーマンスが大きく異なることも。
料金が高額なほど充実したカリキュラムを提供しているのかというと、その費用が必ずしもカリキュラムの充実性アップのためだけに使用されているとは限りません。
大手の語学学校のブランドや知名度だけに流されず、カリキュラム内容とコストパフォーマンスを照らし合わせてみてみましょう。
中小の語学学校でも、低価格でありながら充実したカリキュラムを提供している学校も多く在るのでしっかりと確認しましょう。



留学エージェントに学校紹介を依頼する前に、これらの3つのポイントをまとめておくことが大切です。
もしも余裕がありそうであればもう一つ。


④学校の雰囲気や学習環境


についてのイメージを持っておくとさらに良し。
具体的には、日本人割合の大小、日本人教師の有無、少人数・大人数クラス、アクティビティ・ボランティアなど活動の充実性、グループ活動などといったことが挙げられます。


自分にフィットする留学生活を送るため、出発前からも自分の留学生活をざっくりと頭の中に描いておきましょう。


留学に関するご相談や質問は、下記リンクからお気軽に♪
手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】





●厳選したプログラムの紹介 



先ほどもお伝えしたように、カナダジャーナルはカナダにあるほとんどの学校の特徴やカリキュラム内容といった情報を仕入れているため、留学生のニーズに対してベストであるプログラムのみを厳選して紹介しています。
学校の特徴やカリキュラム内容、また、学校が行っているプログラムなども丁寧にわかりやすく説明をしてくれるので、出発前からでも安心して留学準備を進めることができます。
また、ボランティア活動就職活動大学・カレッジへの進学へのサポートも手厚く、留学生へのカウンセリングも実施されているなど、留学後のサポートも充実しています。




●日本人によるきめ細かいサポート
                                                        

日本人スタッフが日本人留学生のために提供するサービスであるため、留学生たちとより近い立場からのサポートを実現しています。

海外で生活をするとなると、必ずと言えるほどトラブルは付きものです。
文化の違いからカルチャーショックを起こしてしまうということも少なくはありません。
自分のやりたいことがわからなくなったり、自分の可能性を見失ってしまったり。

そんな留学生たちの気持ちを知っているからこそ、留学生を一番に考えた丁寧かつ繊細なサポートで留学生の可能性を伸ばしていきます。

せっかくの海外生活を不安や悩みで終わらせてしまうのはもったいない!
カナダジャーナルは、留学生が安心して頼ることのできる「ホーム」を目指したサービスの提供に努めています。





「安心」「低価格」がコンセプト。
質の高いサービスと、充実したサポートを低価格で提供する【 カナダジャーナル 】は、留学生からの利用満足度も好評であり、今注目すべくおすすめのカナダ留学エージェントです!





「カナダに留学してみたい。」






その気持ちが留学への大きな第一歩です。

本格的に留学を考えている方も、留学にただ興味があるという方も。
まずは相談・質問することから始めましょう!


お問い合わせは、下記リンクまたはページ内の広告にて受け付けております!

カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】












まだまだ留学情報が知りたい!という方からのコメントや質問、リクエストもお待ちしております♪





おすすめ記事:

≪ 英語・英会話 ≫ 英語のスキル上達に!無料サイトを利用したおすすめ学習法

≪ 英語・英会話 ≫ 「1日30分」で作るネイティブ脳、超話題の学習法が日本上陸!

≪ 海外の反応 ≫ 外国人が抱える「日本の不思議」を徹底調査!定番のアレの真相に迫る







レッスンし放題!スカイプ英会話【イングリッシュセントラル】



スポンサーサイト

プロフィール

Mickey

Author:Mickey
こんにちは、 Mickey です!
海外を拠点に生活する、23歳の子育てママです。
世界から見た「JAPAN」の姿と効果的な英会話学習法がブログのテーマ。
また、海外旅行・海外留学のお役立ち情報をお届けすると同時に、外国人が抱える"WHY JAPANESE"への追求も行っています。

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。