海外の反応 - Japan News -海外に広がる日本の魅力-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 海外の反応 ≫ 外国人が抱く日本ファッションへの本音とは?「これぞ日本の芸術だ」

Mickey です。




秘密ってほどの秘密ではありませんが、私の過去にはちょっとした秘密があります。


実は私、8年前の高校生の頃。
甘々のロリータファッションを身にまとっていたのです!!!

その時のプリクラを友達に見せると、日本人にも外国人にも私ではないと驚かれます。
今現在の私のファッションや顔立ちからはまったく想像がつかないので無理もありませんね。

私の出身は田舎だったので、当然ロリータファッションを取り扱う洋服屋なんてあるはずもなく。
電車に乗って隣の県まではるばると遊びにでかけておりました。
もちろん、電車の中では注目の的!
いつ隠し撮りをされてもいいように、ヘアーセットとメイクアップは度々手直し。
お気に入りのクレープ屋さんへ行き、お決まりのクレープを2つ購入、そしてほおばる。

こんな高校時代を送っていたなと振り返ると、改めて自分の芯の強さに感心させられます。



そんなロリータファッションを含めた原宿系ファッション、古着ファッション、コスプレなど、
「日本独自のファッションスタイル」が海外から絶大な人気を集めていることは皆さんもご存知かと思います。

実際に海外の雑誌やメディアにも多数取り上げられており、日本のファッションスタイルを参考にして新たなファッションスタイルを展開している海外デザイナーたちの姿も見受けられます。
このようなことからも、日本のファッションスタイルが与える海外への影響はとても大きいことがわかりますね。


日本のファッションを海外のファッションと比べてみると、明らかに日本独特の日本らしいデザインやアイディアが取り入れられていることが実感できます。
普段街を歩いていると、服装で日本人か日本人でないかが判断できてしまうくらい。


例えば。
日本と海外のファッションでの「派手なファッション」をイメージしてみてください。。


私が思う日本の「派手なファッション」はこんな感じ。

20120525_tokyofashion_09.jpg
http://www.officiallyjd.com/archives/138938/20120525_tokyofashion_09/




海外はこんな感じ。

pied-de-poule-lady-gaga.jpg
http://www.robadadonne.it/7272/pied-de-poule-un-ritorno-chic-nel-nostro-guardaroba/



これは、あくまでも私のイメージではありますが。
皆さんも、日本と海外のファッションを同じ言葉で表現しても、まったく異なるイメージが浮かぶのではないでしょうか?
特に日本のファッションスタイルには、他にはない日本独自のファッションセンスが感じられますね。




ということで今回は、
個性溢れる日本独特のファッションスタイルの魅力とそれに対する海外の反応をまとめてみました。





日本独自のファッションスタイルNo.1 「原宿ファッション」







日本を代表するファッション聖地である「原宿」。
日本全国・世界各国から、多様な個性と感性を持ったファッション好きがここぞとばかりに集まります。

世界に誇る日本のファッションスタイルとも言える「原宿系ファッション」ですが、
一言で「原宿系ファッション」と言っても、ロリータ/ゴスロリ、古着、リメイク、サロン系などそのジャンルは様々であり、スタイルもまったく異なります。

それではなぜ「原宿系ファッション」としてまとめられているのでしょうか?


すべての「原宿系ファッション」に共通して言えることは「自分を魅せる」ということ。
ブランドやトレンドなんてものは気にしません。

"どのようなスタイルで、どのような素材・デザインで、自分のオシャレを最大限に表現できるのか"

そして、

"どのように自分のファッションを最大限に楽しむことができるのか"

これらのことが「原宿系ファッション」の特徴であり、その魅力を生み出しています。



そんな日本の"kawaii fashion"の動画をみた海外の方々の反応は、


「ママ、私は将来"Harajuku"になる!」

「私にはこの格好はできないけど、彼女たちはとってもかわいい!」

「ただただとってもかわいくて、私はこのスタイルが大好き!私も彼女たちのように着こなせたなら…って思うわ。」

「これは私の意見だけど、日本のファッションは一番素晴らしくて芸術的だと思う!」


と日本独自のファッションスタイルを称賛する声が多く上がっています。


中には、

「このファッションは好きなんだけど、ただ、なぜ鼻にばんそうこうなのかが解らないわ。」

という素朴な疑問を投げかける方も。






海外ファンも熱狂する日本の「コスプレ」







海外での日本のアニメ・ゲーム・漫画などのサブカルチャーブームの影響もあり、
その登場キャラクターに仮装してなりきる「コスプレ」に対しても同じく熱い視線が注がれています。
実際に、日本に限らず海外でも「コスプレ」を主としたイベントが数多く開催されており、コスプレイヤーを含め海外に住む多くの日本のサブカルファンで賑わっています。

世界各国にて楽しまれている「コスプレ」ですが、やはり本場は日本!
そのように感じる理由としては、

"いかにキャラクターに近づくことができるのか、完成度を求めたハイレベルなコスプレの楽しみ方"

カラーコンタクトやウィッグを使用し念入りに仕上げられたメイクアップやヘアーセット、手作りの衣装や小物は細部まで正確に再現されています。

また、女性キャラクターのコスプレや、メイクアップ、スカートの着用をする男性コスプレイヤーの方も少なくはありませんね。

コスプレだけに限らず、男性のメイクアップや女性のような衣装の装いは、ヴィジュアル系や原宿系といった個性的なファッションを楽しむ男性の方にも多く見られ、また、最近ではオシャレの一環として普段のファッションにスカートを取り入れている男性も少なくはありません。


これには海外の方も驚きは隠せきれないご様子で、

「日本では女装をしている男性をよく見かけるけど、これは普通なの?」

との疑問を抱く方も。



そんな日本の「コスプレ」に対して、


「なんてこった、日本人のコスプレは僕らを素人のように見せてくるね!」

「今すぐ日本に住みたいよ!そしたら思いもよらない人生を送ることができたろうな…。」

「素晴らしすぎる!僕は絶対にコスプレイヤーとデートするぞ!」

「ただ、ただ、ただかわいい!!!」


と、海外では多くのサブカルファンが発狂している様子が伺われます。






このような「原宿系ファッション」「コスプレ」といった日本独自のファッション文化から見られる


「日本人が持つファッションに対する姿勢」

「個性・感性、自己表現の自由さ」

「性別を問わずに堂々と自己主張ができる社会環境」



は、海外の方にとっては羨ましくもあり、珍しくもあり、高く称賛されています。



実際、日本のファッションが好きだという外国人の方は周囲でも多く見かけられ、また、学校に通っていた頃には「日本人は普段からオシャレに気を使っているイメージ」だとよく耳にしました。
そういわれると、海外の方はスニーカー、スキニーパンツ/ジーンズ、シャツ、パーカーが基本。
クラブやパーティーは例外ですが、普段のおでかけやショッピングでハイヒールを履いている人なんて滅多に見かけません。

海外の方の普段の装いには、自分を魅せるファッションだとか、個性を発揮したファッションだとか、こだわりや情熱を持ったファッションといった日本人のようなファッション志向は見られないため、日本が生み出す個性的なファッションはとても衝撃的なものであると共に魅力的なものなのでしょう。



しかし、残念なことに日本人からは「派手だ」「奇抜だ」「オタクだ」という批判の声もちらほらと聞こえる現実。
海外の方が素晴らしいと思う日本の文化を、なぜ日本人である私たちは素直に受け止めることができないのでしょうか?

もちろん、人は異なる感性や価値観を持っているので、それでこその人間であり世の中であるのですが。
物事に対する見方を少し変えてみるだけで、新しい景色や感性にも出会うことができるのではないでしょうか。







おすすめ記事:

≪ 海外ニュース ≫ プログラム教育にもさらなる兆しが!世界の素晴らしきテクノロジー

≪ 海外の反応 ≫ 世界が称賛する「日本の給食」の4つの魅力とは?

≪ 海外の反応 ≫ 「日本の美学」の意外な姿に、世界からは素晴らしいの一言





【アミューズメントメディア総合学院】



スポンサーサイト

プロフィール

Mickey

Author:Mickey
こんにちは、 Mickey です!
海外を拠点に生活する、23歳の子育てママです。
世界から見た「JAPAN」の姿と効果的な英会話学習法がブログのテーマ。
また、海外旅行・海外留学のお役立ち情報をお届けすると同時に、外国人が抱える"WHY JAPANESE"への追求も行っています。

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。